FC2ブログ

北海道輸入車販売店 brazoblog

ブラゾの日常業務での車ネタやモータースポーツイベントなどの情報を発信していこうと思います。

カイエントランスシベリアのご案内



見た目の奇抜なこの車。最初はなんじゃこりゃ!と思いましたが、2~3回見れば慣れていき、そのうちカッコイイな~と思えてきます(笑)。

957カイエンの限定車となるトランスシベリア。概要はこんな感じです。

トランスシベリアは、モスクワからモンゴルの首都ウランバートルまで約7,200kmを走破する大陸横断ラリー。2006年はこの過酷なオフロードラリーに初参戦したポルシェカイエンSが優勝、そしてトランスシベリアラリー専用のラリーカーで挑んだ2007年では、プロダクションカーをベースにしたカイエンSトランスシベリアが、1-2-3フィニッシュを達成している。頑健なラリーカーと同様、公道を走ることのできるこのモデルは、4.8L V8のDFI(ダイレクト・フューエル・インジェクション)エンジンを搭載、高出力はカイエンGTSと同じく最高出力405ps/6,500rpmを発生させる。ポルシェカイエンSトランスシベリアには、電子制御ダンパーシステムであるポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)が標準装備されるほか、内外装もラリーレイドに参戦した車両に倣ったデザインが多く採用されている。6速MTとティプトロニックS、左/右ハンドルが選択可能。

おおまかには、外装はカイエンSをベースに前後アンダーガード風パーツとリアゲートスポイラー、リアバンパーディフェーザーを装着、内装はダッシュボードがカイエンSで、シートや各ピラー、ルーフなどはGTSのアルカンターラ素材を採用。シートベルトやメーター、マットなどは専用品。
エンジン・ミッション・マフラーはGTS用。
ブレーキやホイールなどはカイエンS。

という感じでしょうか。良いとこ取りかゴチャマゼなのかは考え方次第(笑)。

とにかく見た目はインパクトあります!!
P1090949.jpg
P1090953.jpg
P1090955.jpg

私はカッコイイと思いますが、何か?(笑)

GTS譲りのスポーツエキゾースト。切り替え付きで、スポーツボタンを押すとバルブが開いて、ドスの効いたV8ならではの良い音出します!!  開きっぱなしにも出来ます。。。
P1090997.jpg

エアサス装備ですので、任意に車高調整可能です。

P1090978.jpg  P1090963.jpg  P1090964.jpg P1090970.jpg   P1090972.jpg

グッドリッチのオールテレーンなどを履かせて、生粋のオフローダー調にしてしまうのもカッコイイでしょうね~。
車高も一段上げて走れますし。

内装系は専用メーターパネルやカラードシートベルト
P1090979.jpg
P1090989.jpg

専用フロアマットとステップカバー
P1090995.jpg

フロントシート左右
P1090988.jpg
P1090987.jpg

オプション装備のパノラマルーフ!!
P1090983.jpg

ミラー内蔵ドライブレコーダー、レーダー、ETC、地デジ、バックカメラ、サイドカメラなども装備。

P1090976.jpg P1090975.jpg P1090974.jpg 




スエード巻きのステアリング。巻きなおしたてなので、フカフカです。
P1090991.jpg
シートヒーター&ステアリングヒーターも装備しています。


NA最強、GTS用エンジン
P1090993.jpg

これと組み合わされるギア比の低いミッションのおかげで、俊敏な加速が味わえます。

サスレベルを一段低くして、PASMの固さをスポーツに、そこそこのスピードで巡行しているとSUVを操っている感覚では無いですね。視界が高いのでスポーツカーの感覚とは違いますが、とにかくラクで速い。ブレーキも秀逸です。

やはり、このサイズならではの収納力も有りがたいですし、重さによる安定感+エアサスの乗り心地・・・。
シート下やトランク床下、センターコンソールやグローブボックスなど、カイエンはアイテムを沢山積みっぱなしにできます。。。

ダウンサイジングSUV主流の昨今ですが、北海道ではカイエン位のサイズは有りがたいですよ。



カイエンS トランスシベリア物件情報




スポンサーサイト

走行3.8万km!!964C4のご案内


P1090922.jpg

当店で7年前に販売させて頂いたこの車両、売却致します。‘91年 964カレラ4クーペです。

走行3.8万kmで程度は極上。もちろんD車、冬季未使用。
P1090936.jpg

メーターガラスも一度分解して清掃したこだわりの車両。
P1090935.jpg
P1090931.jpg

エンジンも勿論好調♪ オイル漏れも僅かです。
P1090944.jpg

足回りはQuantum T6シリーズで作成。
P1100001.jpg

ホイールはBBS LM。マグネシウム鍛造の一品。
P1100002.jpg

このレベルの個体と出会うことは、さすがに減ってきましたね~。

素晴らしい車です。


価格は応談となります。お手数ですが、お問合せ頂ければ・・・・。

売約となりました。有難う御座います。


こちらの車両も売りに出す準備をしています。

P1090948.jpg
P1090961.jpg

カイエンSトランスシベリアという限定車。
トランスシベリアラリー連覇を記念して作られたモデルです。
国内にホンモノは何台あるのか?

大まかにはカイエンSをベースに外装をモディファイ、エンジン・ミッション・スポーツエキゾーストなどGTS用を搭載、
内装もシートなどはGTS、シートベルトやフロアマット、メーターなどを専用品採用。

P1090985.jpg
P1090995.jpg

エアサスとパノラマサンルーフがオプション装備されています。


詳細は後日アップしますね。

カスタム多数!F31 320X-driveツーリング入荷です。

一体幾らかけてんの?っていう(笑) BMWの4WDワゴン入荷です。



P1090831.jpg

P1090840.jpg

‘14 BMW320X-driveツーリング スポーツ、走行3.8万km。

この車、めちゃめちゃお金かかってます!

外装系

3Dデザイン製 Fリップスポイラー、ルーフスポイラー
BMW製 ブラックグリル、カーボンドアミラーカバー
P1090861.jpg


走行系
3Dデザイン製 車高調KIT、リアマフラー
BMW製 Mパフォーマンスブレーキキャリパーキット
REYS製 19インチ鍛造アルミホイール&ミシュランパイロットスパースポーツタイヤ
パワーエアクリーナーシステム 

P1090860.jpg
P1090853.jpg

この車高調、乗り心地良いです。バタつき感が無いのは、軽量19インチ鍛造ホイールの恩恵でしょうかね。
ハンドリングは見た目通りシャープです。
パワーも十分、といった感じですね~。

MパフォーマンスキャリパーKITは文句なしにカッコイイです。

内装系
地デジチューナーインターフェース
パワーアンプ×3?システム不明

P1090850.jpg
P1090837.jpg

イイ音します!社外のTVチューナーは写りも良い!オーディオスイッチの1番を押すとTVに切り替わるワンアクションに設定されていて使い勝手が非常に宜しいです。


ざっと部品代と取り付け工賃を計算すると・・・200万付近?

オーディオシステムに関しては解かりません(笑)ここまでしてスピーカーなどもノーマルってことないでしょうから・・・・
総額お幾らでしょうかね?


‘14 BMW320X-driveツーリング スポーツ物件情報

売約となりました。有難う御座います。

販売価格に関しましては、上記カスタム費用は加味されませんので、相場価格となります。

趣味性が合えば、メチャメチャお得!!!!!

手ごろなサイズの4WDワゴン。実用車としても秀逸な性能を持った車ですよ~。

9/7日休業 9/8(土)復旧しました!

9/8(土)、電源復旧致しました。

本日より通常通り営業致します。

宜しくお願い致します。

明日8/27(日)はE&Wです。



明日は十勝サーキットイベントの為、お店は休みです。すいません。

先日の雷雨の際、十勝サーキットの設備が落雷被害を受けたようで、信号機がダウンしている模様。

8/28~8/31のスポーツ走行は中止となっておりますが、8/27は手旗にて行うそうです!

天気も回復の見込みですので、ご参加の皆さん、宜しくお願い致します。

道中、道路状況にお気をつけてお越し下さい~。
次のページ

FC2Ad