FC2ブログ

北海道輸入車販売店 brazoblog

ブラゾの日常業務での車ネタやモータースポーツイベントなどの情報を発信していこうと思います。

カイエントランスシベリアのご案内



見た目の奇抜なこの車。最初はなんじゃこりゃ!と思いましたが、2~3回見れば慣れていき、そのうちカッコイイな~と思えてきます(笑)。

957カイエンの限定車となるトランスシベリア。概要はこんな感じです。

トランスシベリアは、モスクワからモンゴルの首都ウランバートルまで約7,200kmを走破する大陸横断ラリー。2006年はこの過酷なオフロードラリーに初参戦したポルシェカイエンSが優勝、そしてトランスシベリアラリー専用のラリーカーで挑んだ2007年では、プロダクションカーをベースにしたカイエンSトランスシベリアが、1-2-3フィニッシュを達成している。頑健なラリーカーと同様、公道を走ることのできるこのモデルは、4.8L V8のDFI(ダイレクト・フューエル・インジェクション)エンジンを搭載、高出力はカイエンGTSと同じく最高出力405ps/6,500rpmを発生させる。ポルシェカイエンSトランスシベリアには、電子制御ダンパーシステムであるポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)が標準装備されるほか、内外装もラリーレイドに参戦した車両に倣ったデザインが多く採用されている。6速MTとティプトロニックS、左/右ハンドルが選択可能。

おおまかには、外装はカイエンSをベースに前後アンダーガード風パーツとリアゲートスポイラー、リアバンパーディフェーザーを装着、内装はダッシュボードがカイエンSで、シートや各ピラー、ルーフなどはGTSのアルカンターラ素材を採用。シートベルトやメーター、マットなどは専用品。
エンジン・ミッション・マフラーはGTS用。
ブレーキやホイールなどはカイエンS。

という感じでしょうか。良いとこ取りかゴチャマゼなのかは考え方次第(笑)。

とにかく見た目はインパクトあります!!
P1090949.jpg
P1090953.jpg
P1090955.jpg

私はカッコイイと思いますが、何か?(笑)

GTS譲りのスポーツエキゾースト。切り替え付きで、スポーツボタンを押すとバルブが開いて、ドスの効いたV8ならではの良い音出します!!  開きっぱなしにも出来ます。。。
P1090997.jpg

エアサス装備ですので、任意に車高調整可能です。

P1090978.jpg  P1090963.jpg  P1090964.jpg P1090970.jpg   P1090972.jpg

グッドリッチのオールテレーンなどを履かせて、生粋のオフローダー調にしてしまうのもカッコイイでしょうね~。
車高も一段上げて走れますし。

内装系は専用メーターパネルやカラードシートベルト
P1090979.jpg
P1090989.jpg

専用フロアマットとステップカバー
P1090995.jpg

フロントシート左右
P1090988.jpg
P1090987.jpg

オプション装備のパノラマルーフ!!
P1090983.jpg

ミラー内蔵ドライブレコーダー、レーダー、ETC、地デジ、バックカメラ、サイドカメラなども装備。

P1090976.jpg P1090975.jpg P1090974.jpg 




スエード巻きのステアリング。巻きなおしたてなので、フカフカです。
P1090991.jpg
シートヒーター&ステアリングヒーターも装備しています。


NA最強、GTS用エンジン
P1090993.jpg

これと組み合わされるギア比の低いミッションのおかげで、俊敏な加速が味わえます。

サスレベルを一段低くして、PASMの固さをスポーツに、そこそこのスピードで巡行しているとSUVを操っている感覚では無いですね。視界が高いのでスポーツカーの感覚とは違いますが、とにかくラクで速い。ブレーキも秀逸です。

やはり、このサイズならではの収納力も有りがたいですし、重さによる安定感+エアサスの乗り心地・・・。
シート下やトランク床下、センターコンソールやグローブボックスなど、カイエンはアイテムを沢山積みっぱなしにできます。。。

ダウンサイジングSUV主流の昨今ですが、北海道ではカイエン位のサイズは有りがたいですよ。



カイエンS トランスシベリア物件情報




スポンサーサイト

9/7日休業 9/8(土)復旧しました!

9/8(土)、電源復旧致しました。

本日より通常通り営業致します。

宜しくお願い致します。

mcchip-dkr ECUチューン、7/24・25実施致します!!

車本来の持てるポテンシャルを最大限発揮させるECUチューン。

当店のデモカー718Sにも施工して運用しておりますが、正直驚きました。

謳い文句通りのパワーアップ(これが当たり前でも結構難しい)、ネガティブな要素無し!

昨今のダウンサイジングターボなどにも非常に相性の良いチューニングです。

ポン付けのサブコンなどと違い細部にわたるデータ変更を行いますので、コストは多少アップしますが、

モノが違います。




写真のようにECU分解を要す車種も有りますが、通常のOBDポートからデータを入れれる車種も多いです。


メーカーのHP↓

mcchip-dkr Japan HP


お時間のある時にでも、自分の車種を検索してどの程度の馬力アップが図れるのか検索するのも楽しいですよ。

次に狙う車の参考データにもなります。


991後期なんて、ステージ1のECUチューンのみで130馬力アップの500PSですよ!

他の車種のデータを見てみても、マジか・・・ってなります(笑)

NA車両は物理馬力はターボほど上がりませんが、NA本来の持つ気持ち良い吹け上がりという部分の魅力と

レスポンスの良さに磨きがかかる。

燃費も向上する傾向になると思います。


次回施工日は7/24(火)・25(水)となります!
作業枠にはまだ空きが御座いますので、見積等事前にご相談下さい。

本年も有難う御座いました。

皆様のおかげで、本年も無事営業を終了することが出来ました。

今年はいろいろな変化が・・・・体調的に(笑)

修理関係では、故障の原因が複雑化してきてるのを感じましたね~。10数年前に登場した画期的システムが壊れ始めてる感じですね。。。。電球一つでも昔は球切れか接触不良でしたが、今はECUから電源制御されてない電球のほうが少ないのでは?
まあ、そういった制御形式のおかげで、コーディング変更などで出来ることが増えたのですが。
未来永劫壊れなければ素晴らしいシステム(笑)。

燃料直噴化によるスラッジ蓄積や、複雑なバルブタイミング制御機構の老朽化・・・
テスラなどの電気自動車が、シンプルで壊れにくいってう宣伝文句は一理有ると思います。

5年位で新車を乗り換えていくユーザーにとっては、車は相当良くなりましたね。
中古車屋は・・・色々なノウハウが必要になって、大変です(-_-;)

販売のほうは、縁有って空冷911を3台扱えました。価格高沸は一段落?
カイエン登場以降のポルシェスポーツカーは販売台数が少なめだと思いますので、価格は高めに推移しています。
それでも、987・997世代の買い得感が出てまいりました。
991以降の物はオプションやカラーなど仕様がバラバラで・・・今後のクルマ選びは選択肢が有る分、難航しそう。
販売形態も希望のクルマを探して納車させて頂くバックオーダー物が約半数を占めるようになってきました。

来年以降の動向はどうなっていくでしょうか?わからない部分が多いですが、「買いたい時が買いドキ!」と感じることが増えました。何とか、良い買い物となるよう頑張って参ります。


12/29~1/15まで冬季休業となります。宜しくお願い致します。

2017年も1年間、誠に有難う御座いました。

248.jpg 231.jpg P1080648.jpg 250.jpg P1080606.jpg

254.jpg 258.jpg P1080767.jpg InkedP1080878_LI.jpg P1080876.jpg

P1080950.jpg P1080827.jpg P1080735.jpg P1080651.jpg 259.jpg

243.jpg P1090227.jpg P1090173.jpg P1090096.jpg 261.jpg

262.jpg 263.jpg

















年内営業の予定

いよいよ、刻一刻と年末に近づいてまいりましたね・・・・。

964、997と怒涛の納車整備も終わり、年内最後の納車となりそうです。




走行15.7万キロの997納車整備はこれ位になりました。

IMG_4733.jpg

これでまだ暫く頑張れそうですね~

冬道での911AWDは本当に楽しいですわ~。ウインターシーズンでも車を操る喜びが得られます。

そういえば、当店のテスターでも997のデイライトコーディングが出来ました。

987・981・997・957・958辺りは、そこそこコーディングできそうな感じです。


あとは修理車が何台か・・・・頑張ります。


さて、当店の営業期間なのですが、下記のようになります。


年内営業期間・・・12/28まで


冬季休業期間
12/29~1/15まで


新年は1/16からの営業となります。ご了承下さい。

宜しくお願い致します。
次のページ

FC2Ad