FC2ブログ

北海道輸入車販売店 brazoblog

ブラゾの日常業務での車ネタやモータースポーツイベントなどの情報を発信していこうと思います。

手頃なミドルサイズ4WDツアラー! 2台入荷です。

盆前・盆明けと色々入ってきておりますが、まずは2台のツーリングワゴンのご紹介です!


1台目はVWパサートオールトラック。


P1100184.jpg

パサートオールトラックとはこんなクルマ。以下抜粋

フォルクスワーゲンのパサートシリーズの最高峰モデル「パサート オールトラック(Passat Alltrack)」。ミッドサイズ ワゴンのパサート ヴァリアントをベースに、本格的なフルタイム4輪駆動システム 4MOTION(フォーモーション)と、前方の車両や障害物を感知すると、即座にドライバーに警告(警告灯+ハンドルの振動)を発する先進的なプリクラッシュブレーキシステムなどを標準装備。環境負荷の低減と走る楽しさの両立が可能であることを証明する、2L TSIエンジン(155kW/211馬力)と6速のDSGトランスミッションを採用し、ブレーキエネルギー回生システムを搭載した結果、燃費は11.6km/L(JC08モード)とパワフルな4WDワゴンでありながら高い環境性能も有している。エクステリアは、車体前後に取り付けられたステンレス調のアンダーガードが付いた専用バンパー、ホイールハウスエクステンション、サイドシルなどを装備し、18インチ 10スポークアルミホイール(225/45 R18サイズのモビリティタイヤ)を装着する。インテリアでは、最高級のナパレザーを用いたスポーツシートを標準装備するほか、専用のウッドデコラティブパネルやフルカラーマルチファンクションインジケーター、アルミ調ペダルクラスター、「ALLTRACK」のロゴ付きセンターコンソールパネル、ドアシルプレートを装備。安全面では、ACC(アダプティブクルーズコントロール)、ドライバー疲労検知システムを設定。また、フォルクスワーゲンがSUV以外のモデルに初めて採用したOFF ROADスイッチ(ラフロード走行アシスト機能)は、エンジン、ギヤなどの制御をスイッチ一つでラフロード用に変更し、厳しい走行条件下でも優れた走破性を実現する。

P1100198.jpg
P1100194.jpg
P1100203.jpg

一昨年の冬シーズンに私も乗っていて、大変お気に入りでした。
追従クルーズ(ACC)を搭載した輸入車では一番お求めやすい車ではないでしょうか?
緊急ブレーキも搭載の現代車です。
パサートW8もそうでしたが、ナッパーレザーが醸し出す独特の香りも特徴の一つです。

荷物もバンバン詰めますし、適度に上がった車高やシャキッとしつつもマイルドな乗り心地など、
北海道にピッタリな一大だと思います。

2.0Lターボ+6DSGの組み合わせも、耐久性の面で大変結構ですね~。

冬タイヤセット付いておりますので、即戦力です。

P1100214.jpg P1100213.jpg P1100210.jpg P1100211.jpg
P1100209.jpg P1100208.jpg P1100205.jpg P1100201.jpg








パサートオールトラック物件情報


もう1台は大変希少な車、BMW E61ツーリングのX-drive!

P1100218.jpg

この型の5シリーズワゴン、年式はそこそこ経過してますが未だに良いデザインしていると思います!

P1100226.jpg

パノラマルーフ付きです。
P1100236.jpg

当店でずっとメンテナンスさせて頂いてきた車両ですので、いろいろと履歴が有ります。

近々では商品化に当たり、ショックをザックス製のショックアブソーバーをインストール。
O2センサー交換や、エアコンコンプレッサーも新品に交換しリフレッシュを図りました。

珠玉のストレート6最終世代です。
P1100241.jpg

後期型ですので、電子シフト+スマートキー世代です。
P1100239.jpg

こちらの車両はダウンサスで若干車高ダウンされていて、見た目通りのシャキシャキな走りを実現しています。

こちらも冬タイヤセット付き、即戦力です。

P1100238.jpg P1100234.jpg P1100231.jpg P1100230.jpg
P1100223.jpg 





BMW530XT物件情報


いまでは大変少なくなったFRベースの4WD・・・。冬道の蹴り出し感はタマランもんが有りますよ。
特にBMWの直6は、エンジンからデフまで一直線に芯が通って路面に伝わる感じが・・・・上手く出来てますよ~。



スポンサーサイト



mcchip-dkr.ECU施工会と夏季休業のお知らせ



もうすっかり8月になってしまいました。猛暑の続く北海道、皆さん無事にお過ごしですか?

当店はお陰様で、GW明けから異例の忙しさ!あっという間にこの時期です。


今年のポルシェサーキットデイズでも猛威を振るった?mcchip-dkr勢、着実に増殖中です。

この素晴らしさを広めるべく、札幌地区でECU施工会を開催して頂くことになりました。

施工日は9/17(火)18(水)です。

まだ作業枠には空きが御座いますので、ぜひこの機会にご検討下さいませ。

mcchip-dkr日本語サイト

日本未導入社や希少車などは・・・参考サイトとして本国サイト

日本代理店サンライズブルーバート様ECUチューン紹介ページ

施工一覧
上記ページのメーカーアイコンをクリック頂くと施工可能車種一覧が表示されます。

覗いてみるだけでも夢が広がりますよ(笑)。


その中で個人的に驚くのは・・・・BMWのF30系320、2Lターボの車種。
184PS→261PS( 76馬力アップ! )  ¥128000+TAX
4割アップです(笑)。

991.2カレラの130馬力アップも相変わらず強烈ですね。


車種によってバラつきは有りますが、確実にパワーアップします。NAもかなり気持ち良いふけ上がりになりますよ。



さて、当店の夏季休業のご案内です。

8/5(月)~8/18(日)の間、誠に勝手ながら休業とさせて頂きます。

8/19は月曜日ですが、営業いたします。

何卒よろしくお願い申し上げます。

年度末の生存報告(笑)とケイマン右ハンドル入荷です!

なかなか春になりそうでなりきらない昨今、如何お過ごしでしょうか?

すっかりご無沙汰していまして申し訳御座いません。。。


冬の間もネタは色々と有ったのですが、ブログをさぼっていてすいません。
生きてます。

ちょっとした部品からのクーラント漏れで・・・
IMG_6231.jpg
IMG_6287.jpg
バランバラン(笑)

ちゃんと元に戻るのでご心配無く。


オーダーから1年半、やっと届いたドイツ純正キャンパー!
IMG_6297.jpg

VW Tシリーズも確実に進化してます。特にソフトウエアの類が。
車内・車外の装備もホント上手く出来ていて感心します。


当店常連様ご指定のMINI。
IMG_6357.jpg

「ペースマン」という車種。クロスオーバーベースの4WDで2ドア・4シーター。不人気車種?なのかやたらお買い得。
さすがベテラン輸入車乗り、車種選定が上手いわ~。参考になります。

これを5cm車高アップ!
IMG_6377.jpg
ちょっとヤンチャ(笑)。タイヤに乗らないと屋根拭けなくなったので立派なSUVですね。



987ケイマン、2.7tipの右ハンドルが入荷しました!!
P1100116.jpg
P1100120.jpg

やっぱケイマンって今更ながらカッコイイんですよね。リアフェンダー周りとか。

こちらの個体、タイヤも‘18年製、ショックもビルシュタインインストール済み!
P1100134.jpg
P1100143.jpg


ナビ、バックカメラ、ETCなども装備済み。シートヒーターも付いております。
P1100135.jpg


P1100130.jpg
バッテリーやワイパーブレードなども新調し車検も取得しまして、準備万端です!


‘08 ケイマン物件情報

手ごろなサイズ感と軽快なハンドリング。右ハンドル仕様という事もあって毎日気軽に使える美点も持ち合わせております。
その気になればかなりのポテンシャル・・・そこはポルシェですね。使えるリアルスポーツカーです。

空冷モデルも価格的に若干落ち着いてきたような・・・何とかお手頃な奴をご紹介したいところです。

頑張ります。








2019年営業開始しております。

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

本年もどうか宜しくお願い致します。


年明け、やっぱりドカ雪になりましたね。。。。

当店は冬眠明け、電気一部不通・ネット回線不通・水道元栓凍結の同時多発テロ(笑)

2日がかりで何とか復旧しました~。


今年も頑張っていく所存で御座います。気持ちは。カラダが着いてきてないかも(笑)


本年も1年間、有難う御座いました。

今年は北海道のみならず、全国的に色々と有った年となりましたね。未だ生活基盤も復帰されていない方々もおられるかと思います。
そんな中、皆様のおかげで、無事2018年の業務を終了する事が出来ました。

販売面では、今年はBMWが多くなりました。全車4WDですね。

整備面では通常修理の他に、レストア的な作業内容の物が増えてきた感じがしますね。

サーキット走行は天候に恵まれない回が多かったですが、当店718Sはライトチューンと言える内容ながら、
GPコース 2分21秒289
CMコース 1分31秒466
Jrコース  52秒284
と、満足のいく結果が出ました。やっぱり今のポルシェは速いです~。 

その他には当店デモカーも含め、複数台ECUチューニングを施工させて頂いて、その可能性には驚かされました。

2000ccでノーマル300PSオーバーは当たり前、そこからさらに・・・・それでいて耐久性には全く問題無いという。

よく言われるように、今どきのダウンサイジングターボは「味わい」や「フィーリング」に欠ける部分は有りますが・・・

ちょっとした「溜め」や「タイムラグ」など機械的損失・非効率なモノから味わいが発生していた物なのでしょうかね。

失ってみて解る無駄の美学(笑)。今、直噴エンジンですらない世代のエンジンは味わい深いです~。


中古市場は相変わらず高値維持という傾向が続いていますが、また新たな発掘をすべく、目を光らせて行きます!

2019年も宜しくお願い致します。



264.jpg 257.jpg 265.jpg 266.jpg 267.jpg
271.jpg 272.jpg 273.jpg IMG_5314.jpg IMG_5247.jpg
IMG_5530.jpg P1090571.jpg IMG_5648.jpg IMG_5763.jpg 274.jpg
276.jpg IMG_5932.jpg














次のページ