北海道輸入車販売店 brazoblog

ブラゾの日常業務での車ネタやモータースポーツイベントなどの情報を発信していこうと思います。

CLSシューティングブレーク550 4MATIC

先日入庫の貴族の車?CLSシューティングブレーク!!!


248-1.jpg
248-2.jpg

以下抜粋
2004年に発表された初代CLSは、世界に先駆けて「4ドアクーペ」という新たなカテゴリーを生み出た。今回、CLSの新たなモデルファミリーとして、「CLSクラス シューティングブレーク」を設定。スタイリッシュなフォルムを維持しながら、5人の乗員がくつろげるスペースと大容量のラゲッジルームを備える「スポーツ クーペ ツアラー」という全く新しいカテゴリーを創出。ラインアップは、最新世代3.5L V型6気筒直噴ガソリンエンジン(最高出力225kW/306馬力、最大トルク370Nm)を搭載し、最新の高効率7速AT「7G-TRONIC PLUS」やECOスタート/ストップ機能を備える「CLS 350 ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク」、AMGスポーツパッケージを搭載した「CLS 350 ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク AMGスポーツパッケージ」、CLSクラスで初めてとなるフルタイム四輪駆動システム「4MATIC」を搭載し、滑りやすい路面や危険回避時に走行安定性を高める4ESPと組み合わせた「CLS 550 4MATIC ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク」、メルセデスAMG社の開発による最新鋭5.5L V型8気筒直噴ツインターボエンジンが搭載され、排気量のダウンサイジングを図りながらも、最高出力386kW/524馬力、最大トルク700Nmを発生し、圧倒的な動力性能を実現した「CLS 63 AMG シューティングブレーク」の4グレード。エクステリアは、テールゲートの傾斜と一体化したエレガントなルーフラインに力強いキャラクターラインを組み合わせたサイドビューや、アグレッシブなフロントデザイン。流線形のテールゲートには、左右に延びるクロームスリップが配され、ワイド感を強調。室内は、3人分の独立したリアシートを装備したことに加え、後方まで延びたルーフラインによるリアサイドウィンドウの面積拡大が余裕のあるヘッドスペースを確保し、後席にも開放感溢れる快適な室内空間を実現。インテリアの随所に最高級の素材を使用することで、エクスクルーシブな空間を演出し、ラゲッジルームには最大積載量1550Lのスペースを確保。


何と言うスタイリングでしょう!!ドイツ車らしかぬ妖艶な佇まい・・・・セクシーな大人のラグジュアリークーペ「CLS」に、リアハッチ付きの荷室(遊び道具入れ)を付けたのがシューティングブレークです。

本来シューティングブレークとは諸説あるようですが、趣味のハンティングに出かける際に「あそこなら道も悪く無いし、シャ~っと快適に山まで走ろうゼ!」と、2ドア車両をストレッチしてライフルが縦に入る荷室を付けた車のようです。
悪路ならレンジローバーで行くのでしょう。

そんなシューティングブレークを、現代解釈したのがCLS・STBなのかと。

実用一辺倒なワゴン車とは非なるデザインをしてますね。

内装もゴージャス!
248-4.jpg

TVジャンパーも付いてます。装備は有り過ぎて訳判りません。。。。というのは冗談ですが、最新装備てんこ盛り。

夜はこんな感じ
IMG_3354.jpg 

カラーチェンジ
IMG_3355.jpg

インテリジェンスハイビームや自動追従システムなど、現代の車には欲しい装備が大体付いております。そりゃぁそうですよね~。ベンツのSクラスですもんね。


某イタリア車のような場所にアナログ時計が。
248-9.jpg

こちらは時計の文字のフォントなどにドイツらしさが垣間見えますね(笑)


そして4MATICにはエアサスが装備されております!!これがゆったりして良い感じです~。

車高調整も有り。

ハイ
P1080479.jpg

ロー
P1080482.jpg

こちらの個体はロワリングリンクで車高を少し下げております。ハイのままでも走行可能ですよ。


動力性能はV8ツインターボの408PS。踏んだ時のトルクは流石ですね!
248-6.jpg


こんな車をしれっと使い倒す・・・・そんな大人になりたいもんです(笑)。



物件情報

売約となりました。有り難う御座います。


車検も長く、走行も1.4万km台。3年経過すると半額で乗れる事実。

中古車って面白いです!!

法人登録もお勧めな1台です。


スポンサーサイト

ゴツかわいい!メルセデス入荷です。



最近、売れに売れてるメルセデスのAクラス。

当店にもA兄弟の中の小型クロカン車、GLAが入荷です。

‘14 GLA250 4マチック
P1070854.jpg
P1070856.jpg
P1070859.jpg

ゴツかわいい!非常に実用性の高いサイズ感で、人気なのも解ります。

タイヤはしっかり大径の物を採用していますので、乗り心地も良いですしね~。

装備も豪華絢爛!
P1070864.jpg
P1070867.jpg P1070875.jpg P1070872.jpg P1070876.jpg
レーダーセフィティーパッケージ装備車なんで、レーダークルーズやパークセンサー・自動駐車・後方視界支援、
自動ブレーキ、地デジTV、ナビ、ヒルディセントコントロール、シートヒーター、メモリー付きパワーシート・・・・・・
後付けでETCやレーダー探知機なども付いてます。

全く使用感の無いリアシート空間。。。。
P1070866.jpg

1.4万km・1年半でお乗り換えの、世のお金持ちに感謝ですね!



大老舗メーカーにこんなに本気でこのクラスのクルマを造られたら、敵わないですね。




物件情報
売約になりました。有り難う御座います。


物件写真



宜しくお願い致します。

ハイコスト

3月も中盤となりました。

道路もすっかり舗装が出ていますが、ひと冬の間に溜まったゴミが路肩に集中しています。

滑り止めに撒いた砂利の残骸も凄い事になってますね。

この時期、飛び石による傷やガラス割れ・パンクに注意したほうが良い感じです。


お陰様で、最近は納車整備を集中的にこなしております・・・。

夏タイヤで納めるか、スタッドレスで納めるか・・・悩みドコです。

整備中の230GEL。
何だか「煮るなり焼くなり好きにして!!」って感じのボンネットの開き方が良いです(笑)

P1010072.jpg
オイルフィルターです。

ささいな事ですが、取り出す為の取っ手がついています。

使い捨ての物ですが、コストかかってます!って感じですね。

ある意味、今流行りのECOでは無いです。

今時のクルマは内装材にしても外装塗装にしても、この頃とは大分クオリティが違います。

どちらが正しいかは別として、旧車ファンの心理も十分理解できますね。



昔を懐かしむ事は賢い事では無いのでしょうが、捨て去る必要も無いのでしょうから、

せめて感覚の一部くらいには残しておきたいと思う今日この頃です。

亡霊



今日来場されたお客様のお子さんが、このクルマを観て「怖い」と泣いてました。

なんとなく解る気がする(笑)。

すいません、ただそれだけです。

FC2Ad