FC2ブログ

北海道輸入車販売店 brazoblog

ブラゾの日常業務での車ネタやモータースポーツイベントなどの情報を発信していこうと思います。

シトロエンの血液


この特徴的な緑色のボトルに入っている緑色のオイルがLHMオイルです。

シトロエンのハイドロサス、パワステ、ブレーキに使っている液体です。

他メーカーでも似たようなオイルをパワステやレベリングサスに使っていたりします。
「ミネラルオイル」や「CHFオイル」という物が多いですね。

先日ご購入頂いたXantiaの血液交換です。
CIMG2515.jpg
このタンクの中に全てのLHMオイルが蓄積されています。

その中身
CIMG2516.jpg

結構汚れていますね~。
CIMG2517.jpg
元々はボトルと同じく綺麗な緑色です。
茶色がかった色に変色してきますので、定期交換が必要です。

ブレーキシステム内のオイルは通常のブレーキオイル交換のようにブリーダーにホースを繋いで・・・
CIMG2518.jpg

シトロエンのブレーキは通常のシステムとちょっと異なり、ブレーキペダルはLHMオイルラインの圧力分岐スイッチのような役割でしか有りません。
実際、昔のシトロエンはブレーキペダルは無く、圧力スイッチが床に付いているだけでした!!
DS-steering.jpg
こんな感じです。

さすがに現代のシトロエンは一般的なブレーキペダルが付いています。

CIMG2519.jpg

基本的に圧力スイッチなので、上記のようにつっかえ棒をしてブレーキペダルを踏みっぱなしにしてやれば、自動でオイルが出てきます。

オイル交換動画↓


汚れたオイルが綺麗になっていくのをリアルタイムで見ていられるのは気持ちイイ!!

この作業、結構好きです(笑)

何か癒されます。変態だろうか????


テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

前のページ 次のページ