FC2ブログ

北海道輸入車販売店 brazoblog

ブラゾの日常業務での車ネタやモータースポーツイベントなどの情報を発信していこうと思います。

最近お問い合わせの多い、 ポルシェ997中古車 のコト。

すっかりご無沙汰しております。何だかんだでもう年末で御座います。

当店もここに来て、ようやくスローダウン?してきた感じです。


ここ数年、ポルシェ997の中古車についてのお問合せが増えてきたように感じます。

直接ご来店頂いたお客様にはもう何年も前からお話しさせて頂いておりますが、中々ブログの記事にすることは躊躇しておりましたが・・・・ そろそろ少しなら良いかな?と。


当店では・・・・



997前期NAモデルの販売はしておりません。

997前期に関しましては、ターボ・GT3・GT2モデルのみ の販売となります。



それは、997前期NAモデルの冬季間の使用にはエンジン損傷リスクが大きいからです。

夏しか乗らない(冬季にエンジンを始動しない)のであればリスクが低いのでしょうけども・・・・。

まだ決定的な予防策が確立されていなく、当店では「販売しない」という方法を取らざるを得ません。

ターボ・GT系はクランクケースが異なる為、販売させて頂いております。


丁度手頃な価格に見える997前期ですので・・・・相談に見える方が多いのですが、出鼻を挫く話をせざるを得ず・・・・。

997前期はタマ数も比較的多く、当店としても売りたい!!(笑)

ホンネはそうなんですが、高額な故障出費はお互いに不幸ですので、売れないんです。



ということで、当店では997後期のDFIエンジン搭載モデルをお勧めしております。

多少予算オーバーになるかも知れませんが、ローンを組んででもこちらにしたほうが・・・

タマ数が少なく、価格も高値で推移中では有りますが、価値が下がりにくいとも言えますので、

ローン対象物件としては安全率が高いと思います。




今月は2台の997後期を仕入れました。  *2台とも販売済みです。申し訳御座いません。


一見、普通の997クーペですが




実はタルガ4S!!
IMG_7537.jpg

911のフロントトランクは冬期間凍りやすいので、リアハッチ付きのタルガは最強の実用911です。

やはり997は薄っぺらくてカッコイイという意見が多いです。特に4WDはワイドボディとなりますので、余計にそう感じますね。

後期モデルはATがPDKとなるのと、4WDはワイドボディを採用しているのも人気の要因ですね。

997後期は多少距離が進んでいても…本当に上手く出来てるな~と日常業務で感じています。

前期との価格差分の性能差は有ると感じています。タマ数が少な目なのが難点でしょうか・・・・・。

このように、右ハンドルのタルガなんて言う希少車は市場に出回る事無くピンポイントにお客さんの所に行ってしまう形になりますね。


ちなみに、996も同じような状況でして・・・ターボとGT系の販売が多かったのですが、前期996であれば・・・

車両価格的に、アリかも?と思い始めました。

996C4のMTなんかで冬道をガンガン走るなんてのもよいですよね~。







こんなクルマも入荷してきております。

P1100357.jpg
P1100363.jpg
P1100371.jpg

ザ・ワンオーナーって感じのザ・ビートル。良い色でしょ?

内装のベージュレザーも大事に扱われてます。冬タイヤはBSのVRX2.良いですね~♪

‘14 ザ・ビートル物件情報

なんでガイシャのFF車は、こんなに普通に冬道走るんだろ?と思います。

何ででしょ?


秋の最終アタックシーズン終了!

11月。今年のサーキット走行最終節です。

日本海側は大荒れの予報だった11/14、十勝スピードウェイに行ってまいりました。

今年の夏シーズン中、ずっとチューニング作業中だった964ターボの試運転!

出発当日の朝は、予報どおり荒れ模様・・・・・・
IMG_7401.jpg

途中、夕張~穂別間は視界ゼロ・・・・・
いつ通行止めになってもおかしくない状況。
こんな中、サーキットに向かう奴らのほうが異常(笑)


文字通り峠を越えて、十勝平原は青々としていてピーカンでした。

久々のNSX
IMG_7404.jpg

IMG_7419.jpg

IMG_7415.jpg
IMG_7406.jpg

妖艶なオーラを身に纏って戻ってきた964ターボは、シャシダイで540PSオーバー!!
データ取りや操作感も含めて、とりあえずの試運転です。








アタックが開始されました。
IMG_7411.jpg

私は車を持ってきてないので、みんなが走っている時は飯炊きジジィです(笑)。
IMG_7423.jpg IMG_7422.jpg IMG_7421.jpg

964ターボは排気系トラブルで最後までは走れませんでしたが・・・来季への期待感を高めるには十分なタイムが出ました。

低温グリップの高い、柔らかいコンパウンドのSタイヤ装着者が多いのか、スゲー タイヤカス!!!
IMG_7434.jpg

今年のサーキット活動は無事終わり・・・・・











・・・・かと思いきや、翌週におかわりでもう一杯!


991ターボを持ってきました。
IMG_7454.jpg
GPコースのタイム計測で。


この日は曇りで、気温は10度前後と暖かく・・・・・ベストコンディションでは無いかも?って感じです。

朝一にGPコースの走行が始まりますので、そそくさと走り出しますが、全然タイヤが温まらない!ズルズルです。

タイヤがグリップ低いので、ブレーキポイントをかなり手前に取らないと・・・・・空気が冷たく、加速が良いだけに全然ムリ。

かなりグダグダですが。。。


予想を上回る、2分16秒025! 991ターボ速いです。

いつも走っているCMコースとJrコースを繋げて5.1kmにしたこのコース、クルマと人への負担が全く違います!!!!

6周でヘロヘロ。ブレーキパットも減ってしまって怪しくなってしまいました。

その後CMコースもちょっとだけ走りまして・・・

1分28秒674頂きました!!ベスト更新です。

ストレートスピードは変わらず264km/hでしたので、どの部分が速かったのか?どうなんでしょ。


これにて本当に2019年は終了。


CMコース88秒6というのはタイム的には驚くタイムでは無いけれど、うちの991TはECU以基本ノーマル。

輪止め縁石を全く気にする事無く駐車できる車高(笑)

通常はすべてを捨て去った、潔いクルマが出すタイムです。


何も捨て去る事無く、シロウトが乗って88秒代が出せるってのは凄いと思います。

ポルシェの本質の極みですね~。




E&Wカップ最終戦



日本列島台風到来にて開催が危ぶまれたEW最終戦でしたが、北海道は影響が少なく・・・・

十勝地方はカラとっした素晴らしいコンディション!

最終戦は空気の冷たい晩秋開催と言う事もあり、大勢の方にご参加頂きました~。

IMG_7292.jpg
IMG_7291.jpg
IMG_7304.jpg

ポルシェ勢は・・・
991ターボ
991GT3RS×2
718ボクスターS
997ターボ
997GT3
987ボクスターS
996GT2
996GT3カップ
996カレラ4
986ボクスター×2

といった感じ。総勢42台のエントリー有りました。

当店の991ターボはECUチューンにより520→620PSにパワーアップしている点以外は基本ノーマル。
運転席をフルバケットシートへ、助手席外し、バッテリーを小型リチウムイオンに変更して60kg程減量しています。

IMG_7311.jpg

それでも1540kgなので・・・サーキットではスーパーヘビー級です。

ブレーキノーマル、タイヤはGT3などに純正指定されているミシュランカップ2。
一貫してこの仕様で試しました。

いままで3回ほどサーキット走行しておりますが、最近のノーマルは本当に大したもんで・・・
まだ本格的なブレーキフェードも経験しておりません。
991世代のノーマル状態がいかに攻めた造りか理解できます。

今回はタイム狙いで・・・ちゃんとコーナー前で減速して・・普通に走ることを心掛けました(笑)

とくに見どころのないつまらない動画ですが。



とにかく991ターボ、加速が半端ないです!ストレートも今回は264km/hでました!!!

コースが狭い・怖い(笑)

おとなしく乗っていると本当にジェントルマンカーなのですが、怒らすと怖いクルマです。
この2面性が歴代ターボの魅力です。

Jrコース・・・・50秒877
CMコース・・・1分29秒224

ベストタイム頂きました。ちゃんとロス無く走り抜けれる人が乗れば、29秒切りますね。

次に出る992ターボはもっと凄くなって出てくるでしょう。。。。どうなっちゃうんですかね。

今年はもうサーキット走行は終わりになるか?どうでしょうかね。

チャンスがあればGPコースも走っておきたいところですが。。。。


ご参加の皆さん、お疲れさまでした!!



mcchip-DKR施工会とEWカップ



数日前になりますが、5台のターボ車をmcchip-DKRチューンデータの施工を行いました。

BMWF30系
IMG_7176.jpg


DMEに直接アクセスして書き込みしていきます。

F30系は184psが76PSアップの260PSに!!一気に爽快な走りに生まれ変わります。

これはコストパフォーマンス高いですよ~。

当店の新たな実験車両、991ターボと971パナメーラターボにも施工
IMG_7180.jpg

IMG_7184.jpg

この2台は元々500馬力越えですが、約100PSアップ!

その辺りでの試乗では、恐ろしさが先行して・・・・よく解りませんが、とにかく速いです(笑)。

その他、VW T5ディーゼルも施工。
IMG_7185.jpg

もともとドイツのチューナーですので、このようなマニアックな車種もラインナップしております。


 
さて、100PSアップを果たした991ターボを十勝に持ち込んでテストです♪


IMG_7186.jpg
IMG_7187.jpg
IMG_7190.jpg


十勝晴れの快適な1日になりそうです!

新品タイヤも何とか間に合い、皮むきがてらJrコースにコースイン♪

流石に新品タイヤは滑る滑る・・・・。そして、加速はやいいいいっ!!!!

そんな感じでそれなりに流して、全開走行に以降してすぐにインテークパイプ抜け。。。。

何度付け直してもすぐに抜けるので、パイプ交換が必要なようです。

それでもタイムは前回より1秒アップ!!の51秒フラット。

CMコースに行ってからも何度かインテークパイプ抜けを食らいましたが、何とか復旧。


残り時間が少ないですが、急いでコースイン。









もう、ラインも運転もメチャクチャですし・・・お恥ずかしい限りですが、何とかノルマの90秒切り達成。

1分29秒869頂きました。

これで電子制御は何も切っていない状態です。

CMコースはノーマルのブレーキと足では中々太刀打ち出来ませんね~。

それにしても、やはり911の4WDはタイトコーナーからの立ち上がり加速が強烈で、他の追従を許さぬ走りです。

ノーマルブレーキは制動力の低下は見られましたが、フェードまで行かないのは立派だと思います。

991ターボは重量級&超絶加速ですからね。


今後のこの車の方向性をどうすべきか・・ちょっと悩み中です。

なんせ、このノーマルターボは乗り心地良いんですよね~(*^-^*)


手頃なミドルサイズ4WDツアラー! 2台入荷です。

盆前・盆明けと色々入ってきておりますが、まずは2台のツーリングワゴンのご紹介です!


1台目はVWパサートオールトラック。


P1100184.jpg

パサートオールトラックとはこんなクルマ。以下抜粋

フォルクスワーゲンのパサートシリーズの最高峰モデル「パサート オールトラック(Passat Alltrack)」。ミッドサイズ ワゴンのパサート ヴァリアントをベースに、本格的なフルタイム4輪駆動システム 4MOTION(フォーモーション)と、前方の車両や障害物を感知すると、即座にドライバーに警告(警告灯+ハンドルの振動)を発する先進的なプリクラッシュブレーキシステムなどを標準装備。環境負荷の低減と走る楽しさの両立が可能であることを証明する、2L TSIエンジン(155kW/211馬力)と6速のDSGトランスミッションを採用し、ブレーキエネルギー回生システムを搭載した結果、燃費は11.6km/L(JC08モード)とパワフルな4WDワゴンでありながら高い環境性能も有している。エクステリアは、車体前後に取り付けられたステンレス調のアンダーガードが付いた専用バンパー、ホイールハウスエクステンション、サイドシルなどを装備し、18インチ 10スポークアルミホイール(225/45 R18サイズのモビリティタイヤ)を装着する。インテリアでは、最高級のナパレザーを用いたスポーツシートを標準装備するほか、専用のウッドデコラティブパネルやフルカラーマルチファンクションインジケーター、アルミ調ペダルクラスター、「ALLTRACK」のロゴ付きセンターコンソールパネル、ドアシルプレートを装備。安全面では、ACC(アダプティブクルーズコントロール)、ドライバー疲労検知システムを設定。また、フォルクスワーゲンがSUV以外のモデルに初めて採用したOFF ROADスイッチ(ラフロード走行アシスト機能)は、エンジン、ギヤなどの制御をスイッチ一つでラフロード用に変更し、厳しい走行条件下でも優れた走破性を実現する。

P1100198.jpg
P1100194.jpg
P1100203.jpg

一昨年の冬シーズンに私も乗っていて、大変お気に入りでした。
追従クルーズ(ACC)を搭載した輸入車では一番お求めやすい車ではないでしょうか?
緊急ブレーキも搭載の現代車です。
パサートW8もそうでしたが、ナッパーレザーが醸し出す独特の香りも特徴の一つです。

荷物もバンバン詰めますし、適度に上がった車高やシャキッとしつつもマイルドな乗り心地など、
北海道にピッタリな一大だと思います。

2.0Lターボ+6DSGの組み合わせも、耐久性の面で大変結構ですね~。

冬タイヤセット付いておりますので、即戦力です。

P1100214.jpg P1100213.jpg P1100210.jpg P1100211.jpg
P1100209.jpg P1100208.jpg P1100205.jpg P1100201.jpg








パサートオールトラック物件情報


もう1台は大変希少な車、BMW E61ツーリングのX-drive!

P1100218.jpg

この型の5シリーズワゴン、年式はそこそこ経過してますが未だに良いデザインしていると思います!

P1100226.jpg

パノラマルーフ付きです。
P1100236.jpg

当店でずっとメンテナンスさせて頂いてきた車両ですので、いろいろと履歴が有ります。

近々では商品化に当たり、ショックをザックス製のショックアブソーバーをインストール。
O2センサー交換や、エアコンコンプレッサーも新品に交換しリフレッシュを図りました。

珠玉のストレート6最終世代です。
P1100241.jpg

後期型ですので、電子シフト+スマートキー世代です。
P1100239.jpg

こちらの車両はダウンサスで若干車高ダウンされていて、見た目通りのシャキシャキな走りを実現しています。

こちらも冬タイヤセット付き、即戦力です。

P1100238.jpg P1100234.jpg P1100231.jpg P1100230.jpg
P1100223.jpg 





BMW530XT物件情報


いまでは大変少なくなったFRベースの4WD・・・。冬道の蹴り出し感はタマランもんが有りますよ。
特にBMWの直6は、エンジンからデフまで一直線に芯が通って路面に伝わる感じが・・・・上手く出来てますよ~。



前のページ 次のページ